フラッシュ脱毛の2つのメカニズムの違いについて

美容サロンなどで行える脱毛処理方法として、レーザー脱毛やニードル脱毛などの他にフラッシュ脱毛があります。
フラッシュ脱毛は光の力を利用した脱毛方法になりますが、メカニズムとして2つの種類があり脱毛方法自体にも違いがあります。
まずフラッシュ脱毛の中でもIPL方式の場合ですが、レーザー脱毛と同じように光のパワーを利用した脱毛方法になります。
光を照射することで黒いメラニンに反応する光が使用されています。
黒いメラニン色素に反応する光がムダ毛にダメージを与えるので、施術を行う事で徐々にムダ毛を生えなくする事ができます。
もう1つのメカニズムとなるのがSSC方式になります。
SSC自体はムダ毛にダメージを与えると言うよりも、ムダ毛の成長自体を抑える方法になります。
SSC方式の場合はまずはムダ毛のある箇所にジェルを塗ります。
その状態でジェルに反応する光を照射することでムダ毛に作用し成長を抑える事ができます。
同じフラッシュ脱毛であってもメカニズムには違いがあるので、違いを理解してどちらを利用するか選ぶことが大切になります。